イメージ

フローリングの傷対策

フローリングにつく傷には大きく分けて2種類あります。「フローリング塗膜表面につく傷」と「フローリング自体につく傷」です。
この2種類の傷はどんなことが原因でつくのか、またどんな対策があるのかをご紹介します。

フローリング塗膜表面につく傷について

原因

フローリング塗膜表面につく傷は、家具などを持ち上げずに押したり引っ張ったりする際につくことが多いです。例えばダイニングの椅子を引いたりする際に、引きずったままだとその線の傷がついてしまいます。フローリングと家具などの硬いものが擦れ合うことでフローリングの表面に細かい傷ができ、フローリングを保護している塗膜層が剥げていってしまうのです。砂や塵、ホコリなどが家具が擦れる際に間に入っていると、より塗膜層が傷つきやすくなります。塗膜層が剥がれてしまうと、ゆくゆくはフローリング自体を傷つけてしまうことになります。

対策

フローリング塗膜表面の傷対策としては、椅子を引く時などは持ち上げて引くようにしたり、椅子の脚部にクッションをつけたりしてフローリングの塗膜表面を傷つけないようにします。また砂や塵、ホコリをきれいに掃除することも対策の一つです。

フローリング自体につく傷について

原因

フローリング自体につく傷は、床に物を落としたり鋭い物で削ってしまったりした時に発生します。
フローリングは面に対しての耐久性はありますが、一点にかかる衝撃にはそれほど強くありません。

対策

対策としては、一点に負担がかからないように注意することです。例えば重い荷物や家具を動かす時は毛布などの敷物を敷くようにしたり、平行に持って下ろすようにしたりします。物を落としにくいインテリアの配置にするなどの工夫も対策になります。

もし、現在お使いのフローリングに傷がついていてフローリング張替え(床張替え)が必要という大分・福岡エリアの方がいらっしゃいましたら、ぜひ当社をご利用下さい。フローリング張替えの料金についてのお問い合わせ、フローリング張替えについてのご質問も受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さい。