イメージ

瓦交換に適した時期とは

大切な家に長く快適に住むには、日頃の点検が必要になります。瓦屋根や外壁、雨樋などの点検をきちんと行い、必要があればすぐに修理をしなくてはなりません。ここでは瓦交換に適した時期についてご紹介します。瓦屋根は、耐久性、断熱性、デザイン性に優れた日本の住宅には欠かせないものです。夏の熱気や冬の冷気を屋内に伝えにくいため1年を通し快適な暮らしが送れます。長持ちする瓦屋根ですが、以下の状態に当てはまる場合は交換を検討しましょう。

珪藻土・漆喰の剥がれや変色

瓦と瓦を繋ぐ珪藻・漆喰は、環境にもよりますが約10年で劣化し始めると言われています。珪藻土・漆喰が劣化すると、瓦がしっかり固定されなくなってしまい、少しの衝撃で瓦が落下してしまう可能性があります。また剥がれた状態で雨が降ると、内部に水が入りやすくなり雨漏りを起こしてしまいます。

塗膜剥がれ

瓦の塗膜が剥がれてしまうと防水性が弱まり、雨水がしみ込みやすくなって雨漏りを起こしてしまいます。また塗膜の剥がれを放置すると、瓦下地が反りを起こしたりひび割れを起こしたりと耐久性が低下してしまいます。燃えカスのようなものがベランダに落ちていたり、干してある洗濯物についていたりしたら、それは塗膜かもしれません。屋根を点検してみましょう。

苔(コケ)の発生

瓦は表面の防水塗料が劣化してくると、雨水がしみ込んで苔が発生しやすくなります。
そのため、苔が生えるのは防水性能が低下している目安になります。日陰になりやすい場所は苔が生えやすいので、確認しましょう。

大分にあります当社では、交換をはじめ、大切な住宅を長持ちさせるための外壁塗装などを行っております。
大分で瓦交換を検討されている方、瓦交換の価格が知りたい方、瓦交換について聞きたいことがある方、お気軽に当社までご連絡下さい。