屋根塗装にはどんな効果があるの?屋根塗装の機能や目的を解説

屋根塗装にはどんな効果があるの?屋根塗装の機能や目的を解説

 

屋根塗装には、見た目をキレイにする以外にどんな効果があるのか気になったことはないでしょうか。

屋根は住宅を守る重要な部分です。屋根塗装は外壁塗装と同様にメリットが多くあります。今回は、屋根塗装にはどのような効果があるのか詳しく解説していきます。
屋根塗装を検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

屋根塗装の効果とは?

屋根塗装をすることでさまざまな効果が期待できます。屋根塗装の効果について詳しく見ていきましょう。

遮熱性・断熱性の強化

屋根塗装に使用される塗料の中には、遮熱性や断熱性に優れたものがあり、これらを利用することで室内の温度調節を快適に行うことが可能です。
冷暖房機器の効果も大きく変わってくるので、エアコンなどを普段使いすぎている方や光熱費を見直した時に気になっていたという方は積極的に屋根塗装を検討しましょう。屋根塗装をするだけで状態が良くなる場合があります。

サビやカビ発生対策

屋根は経年劣化により、どうしてもサビやカビが発生してしまうことがありますが、屋根塗装をすることによりこれらを抑制することができます。
屋根塗装は「ケレン」と呼ばれるヤスリがけ作業を行ってからサビ止めを塗り、塗装に使用する塗料の中には防カビ性にすぐれたものも多いです。そのため、時間の経過とともに発生するサビやカビに対しても塗装をすることで防げるようになります。

防水性の強化

屋根は天候の影響を最も受けやすい部分です。度重なる風雨によって屋根の塗膜が剥がれていると防水効果を十分に発揮できません。そのため、屋根塗装をし直すことで防水性を高め建物を守れる屋根に生まれ変わるのです。

屋根塗装で知っておきたいポイント

屋根塗装の効果だけでなく、知っておくと得するポイントを2つ紹介します。

塗装は薄い色の方が遮熱性が高い

ご存知の方も多いかもしれませんが、黒系よりも白系の色の方が太陽光をはじくため表面温度が低くなります。そのため、できるだけ色の薄い塗料を選んだほうが、夏場快適に過ごすことができるようになります。
もちろん好みの問題もありますが、色選びは建物の今後の状態に大きく影響してくる部分なので慎重に選びましょう。

室内温度が2℃下がると冷房費を10%節約できる

室内温度が2℃下がると夏場の冷房費を10%節約できると言われています。
屋根塗装や塗料について調べていると、表面温度や室内温度について見る機会があるかもしれません。ただ、温度を数字で見ただけではどれくらいすごいことなのかイメージしにくいです。
この室内温度と電気代の関係をなんとなくでも覚えておくことで光熱費の削減につなげることができるでしょう。

住宅を守る屋根塗装

住宅を守る屋根塗装

今回は、屋根塗装の効果や知っておくと得するポイントについて紹介しました。
屋根塗装は外壁塗装と同様住宅や生活を守るための重要な工事です。その効果やポイントを知っておくことでより納得感のある屋根塗装ができることでしょう。

クリエイト美建では、外壁や屋根の無料点検を実施しています。現在の状態を正直にお伝えするので、点検を頼んだから塗装しなければいけないということはありません。大分県で屋根・外壁塗装を検討中の方は、ぜひお気軽にご相談ください。