雨漏りの原因を徹底解説!対処法や工事内容も紹介

雨漏りの原因を徹底解説!対処法や工事内容も紹介

 

雨漏りは、屋根の劣化だけでなく窓のサッシの劣化や外壁のひび割れなど、さまざまな原因によって引き起こされます。雨漏りは住宅の経年劣化によってどうしても発生してしまうものですが、原因や対処方法を知っておくことで症状を抑えることができ迅速な対応が可能です。

ここでは、雨漏りが起こる原因や対処法、工事内容について簡単に解説します。雨漏りでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

雨漏りの原因別の対処法と工事内容

雨漏りの原因別の対処法や主な工事内容を紹介します。

屋根のひび割れやずれが原因での雨漏り

雨漏りは、屋根部分のひび割れや屋根材のずれによって引き起こされる事が多いです。
屋根は雨風を直接受ける住宅部分であるため、いくら精巧に作ってあったとしても天候によって日々ダメージが蓄積されてしまいます。スレートや瓦などの屋根材のひび割れ、ずれから雨水が侵入し、天井裏に水がしみ込んでしまうのです。
雨漏りをそのままにしておくと、屋根の劣化が酷くなってしまうほか、床材などにも影響を及ぼします。被害を少なくするために応急処置を施し、できるだけ雨漏りの原因箇所を特定できるようにしましょう。

原因箇所が特定できない場合は、屋根に大きめのブルーシートをかぶせることで一時的に雨漏りの被害を防ぐことができます。原因箇所が特定できる場合は、防水シートやテープを貼ったりコーキング材でずれを埋めたりしましょう。しかし、屋根の応急処置は高所での作業になるため、作業に不安がある方はなるべく控え、業者に依頼することをおすすめします。
なお、雨漏り業者が工事で修繕する場合は、屋根材の部分的な差し替えやコーキング材などによるずれの補修を行います。

外壁のひび割れやコーキングの劣化が原因での雨漏り

外壁も屋根と同様に雨風の影響を直接受ける場所です。天候による外壁の損傷や経年劣化などにより雨漏りが発生してしまうことがあります。屋根の場合と同じように、雨漏りを放置しておくと住宅全体に悪影響を及ぼしてしまうので、応急処置や原因箇所の特定を急ぎましょう。

ひび割れや隙間ができている場合は、防水シートやテープ、コーキング材で対処することができます。外壁全体の劣化が進んでいる場合は外壁塗装をすることで改善します。外壁塗装については業者に依頼をする必要があるためある程度費用がかかりますが、住宅を長期間守るために非常に重要です。
大きな被害を防ぐためにも、外壁の状態によっては外壁塗装を検討しましょう。

窓のサッシの劣化が原因での雨漏り

窓のサッシ枠が経年劣化によりひび割れを起こすことでも雨漏りは発生します。サッシ枠には防水シートが貼られていたりコーキングが埋められていたりしますが、時間の経過とともにどうしても劣化してしまうのです。

窓から雨漏りをしてしまう場合は、該当箇所にビニール袋を貼ることで他の個所に水が漏れないようにしましょう。また、ぞうきんやタオルを置いて水を吸収させることで雨水の広がりを防ぎます。
工事を依頼する場合は、コーキング材を追加することで雨漏りが起きないように処置をします。コーキングを使った補修は比較的安価な料金で行うことが可能なので、積極的に検討するようにしましょう。

雨漏りは早急な修復・修繕が大切

雨漏りは早急な修復・修繕が大切

今回は、雨漏りの原因や対処法、工事内容について簡単にご紹介しました。
施工不良により雨漏りが起きてしまうこともありますが、経年劣化によって外壁や屋根が弱ってしまうことが多いです。

クリエイト美建では、外壁塗装だけでなく、雨漏り防止のための防水工事も行っております。築年数が経過するにつれ雨漏りが起きてしまうのは仕方のないことなので、原因をいち早く特定し適切な処置をすることで住宅を守っていきましょう。

当社ではお客様満足を第一優先しており、お困りの際はスピード対応が可能です。大分県で雨漏りを改善したい方、外壁塗装を検討中の方はぜひお気軽にお問い合わせください。