外壁リフォームの色の選び方!特徴や注意点を把握してオシャレ住宅を実現

外壁リフォームの色の選び方!特徴や注意点を把握してオシャレ住宅を実現

 

外壁リフォームの色の選び方でお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
昨今では、塗料が充実していることで自分の好きな色で外壁リフォームをすることができます。しかし、外壁リフォームはただ単に好きな色を塗れば良いというわけにはいかないもの。注意点を把握して目的や理想に合った色選びをする必要があります。

ここでは、外壁リフォームの色の選び方や注意点を簡単に解説していきます。
外壁リフォームを検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

外壁リフォームの色を選ぶ際のポイント

まず、外壁リフォームの色を選ぶ際に気を付けるポイントをご紹介します。

色見本と実際の色に差がある

外壁リフォームの色選びは、基本的にサンプルカタログやカラーシミュレーションから選ぶことになります。しかし、これらはあくまでも見本なので実際の色とは異なる場合が多いです。
実際に塗装をしてみると、影の具合や太陽光の当たり方、ツヤ加減などによって想像と大きく異なることがあります。見本はあくまでも参考程度として、太陽光に当てて見たり影を付けて見たりすることでより具体的に色をイメージしていきましょう。業者によっては外壁に試し塗りをしてくれる場合もあるので積極的に活用することをおすすめします。

近隣の景観とのバランスを考える

近隣住宅や景観とのバランスも非常に大事です。周囲の色合いなどを確認し、どのような色が良いのかしっかり考えておきましょう。
例えば、車通りが多い場所なら汚れが目立ちにくい色がおすすめです。また、自然が多い場所なら緑に合う色にするなど周辺状況によって色の決め方はさまざまです。周囲と同じようにするのか、それとも目立つ色にするのか自分の好みと合わせて検討しましょう。

景観ガイドラインを把握しておく

景観ガイドラインについてもあらかじめ確認しておきましょう。自治体によっては、景観を損なわないために建物の色を決められたものにする景観ガイドラインが制定されている場合があります。
事前にガイドラインをしっかり把握している方は少ないかと思いますので、お住まいの地域の役場などに聞いてみると良いでしょう。また、地域密着型の塗装業者であればガイドラインを把握している場合があります。依頼する業者を選ぶ際に聞いてみるといいでしょう。

色の種類ごとの特徴

外壁リフォームではさまざまな色の中から選ぶことができますが、色の種類ごとに特徴が大きく異なります。自分の理想に近づけるためにぜひ参考にしてみてください。

汚れが目立ちやすい色と目立ちにくい色

白や黒といった極端な色は汚れが目立ちやすいので注意しましょう。白や黒はオシャレで人気が高い色ですが、頻繁にメンテナンスを行えないのであれば避けた方が無難です。
逆に、グレー系やクリーム系といった中間色は汚れと同化しやすいため、あまり汚れが目立ちません。車通りが多く外壁が汚れやすい道に面している場合や、天候の影響を受けやすい海沿いや川沿いなどが近くにある場所は中間色を選ぶようにすると良いでしょう。

色褪せしやすい・しにくい色

鮮明で原色に近い色は色褪せしやすいので注意が必要です。特に赤系の色は日焼けによって色褪せしやすいので業者に相談してみましょう。
逆に、グレー系やクリーム系などの落ち着いた色は色褪せしにくいです。原色と中間色をまぜるという方法もあるので、鮮明な色を取り入れたいという方は色を組み合わせるという選択肢も考えておくことをおすすめします。

注意点や色の特徴を把握

注意点や色の特徴を把握

今回は、外壁リフォームの際の色を選ぶポイントや色の種類ごとの特徴をご紹介しました。
外壁リフォームの色選びは注意すべきポイントが多くあります。外壁リフォームはただ住宅のメンテナンスをするのではなく、住宅自体を蘇らせる非常に重要な工事です。

クリエイト美建では、よりお客様の理想に近い外壁リフォームを行っています。皆様に楽しいイメージを持って外壁リフォームを検討していただきたいので、精一杯ご対応させていただきます。大分県で外壁リフォームを検討中の方は、ぜひお気軽にご相談ください。