コンテンツ

外装塗装を行うタイミングについて

ご自身の大事なマイホームを、紫外線による劣化や雨や風、雪などの腐食から守るために施すのが外装塗装です。外装塗装は酸性雨や紫外線からマイホームを守るのと同時に、カラーリングによってマイホームの外観を美しく見せることもできます。
こちらでは、外装塗装を行うタイミングについてご紹介いたします。外装塗装をご検討されている方はぜひご覧ください。

外装塗装を行うタイミングについて

 

外壁の剥がれやひび割れ

外壁の剥がれやひび割れは、すぐに気づきやすいサインです。ひび割れや剥がれた部分があった場合、そこから雨水が入り込み、建物内部にカビが発生するほか、室内の壁が傷むことがありますので、忘れがちな屋根のひび割れと一緒にチェックしてみてはいかがでしょうか。

外壁の劣化

外壁はひび割れなど目視でわかるのもありますが、気づかないうちに劣化が進んでいることもあります。例えばチョーキング現象をご存知でしょうか。
チョーキングは、外壁を触ったときにチョークのような白い粉がついてしまう現象のことをいいます。チョーキングの原因は、紫外線や雨風を受けることによって起きる外壁塗装の劣化です。チョーキング現象が起きた場合は、塗装の塗り替えを行う時期だと認識する必要があります。

またその際は、コーキングも一緒にメンテナンスすることを検討してみてください。コーキングとは、サイディング板と呼ばれる板と板を接合するゴム状のものを指します。
接着剤としての役割とともに、気密性や防水性を高めています。

こちらでは、外装塗装のリフォームを行うタイミングについて紹介いたしまた。外装塗装のタイミングは環境や材料、また質によって左右されますので、まずは専門の業者に相談することも大切です。外壁のサインに気づいたら、放っておかずにすばやく塗り替えをすることで、大切な家の寿命が延びます。大分エリアや福岡エリアで外装塗り替えのことでお悩みなら、ぜひ当社へご相談ください。建築塗装一級技能士の資格を持つスタッフが、リーズナブルな価格でご提案させていただきます。

 

外壁劣化が招く弊害

当社では、家を守るという機能性はもちろん、デザイン性にも優れた外壁リフォームをご提案しております。一戸建ての外壁は一番目立つものであり多くの人の目に入る箇所です。外壁や屋根が劣化した状態で放置していては、住む人の印象にも関わってくるでしょう。また、外壁劣化の放置は様々な弊害を引き起こしかねません。

屋根の張り替えと塗り替えでお悩みなら

健康被害

外壁の劣化を放置すると、内部に染み込んだ雨水により木材や鉄骨材が腐食し、断熱材が水を吸うとカビが発生します。カビは喘息やアレルギーの原因となるため、特に小さいお子さまやご年配の方が住む家では健康被害のおそれがあります。日頃から外壁だけでなく屋根も観察し、劣化箇所がないか確認するようにして下さい。

資産価値の低下

外壁だけでなく内部にまで及ぶ被害は、家の財産としての価値も下げる事になります。子や孫の世代まで受け継いでいきたいとお考えでしたら、10年毎の建物診断を受けて外壁リフォームをされる事をおすすめ致します。外壁にヒビやチョーキング現象が見られない場合でも、変色やサビ、ツヤがないなどを自己診断されて外壁リフォームの計画を立てるのも良いでしょう。

屋根の張り替えと塗り替えでお悩みなら

日差しが直接照りつける屋根は劣化スピードが早いです。家のパーツの中でも重要な箇所ですので、外壁同様に日頃から劣化していないかチェックする事が望ましいです。屋根の張り替えと塗り替えでは施工費用に違いがあり、基本的には塗り替えの方が安価ですが、屋根の面積や種類、劣化状況によっては張り替えの方が長期的なコストパフォーマンスが良いケースもあります。価格の目安はサイト内に記載しておりますので、ぜひご確認下さい。
まずはプロの診断を受けて、どちらを行うか判断されるのがおすすめです。

大分にあります当社では、外装のプロがあなたの住まいを診断致します。
職人ならではのノウハウを生かし外壁リフォームのアドバイスをさせて頂きますので、ご要望やお見積もりなどもお気軽にお問い合わせ下さい。